ucplus

日本語
Solutions brochure

表示

「自動」タブ

  • "自動タブ"には、最新履歴(通常60日)で発信者が通話した内線が自動入力されます。 自動タブには、統合CRM /データベースアプリケーション用の発信者のプレビューデータも表示されます。
  • 簡単なマウス操作から標準的なキーボード操作に至るまで、好みの操作モードを選択できます。 ucplus Operator Console also has a special mode for touch screen operation.
  • "シンプルモード"を使用して1人のオペレーターの電話機上で通話を管理するか、"グループモード"を使用して共有オペレーターグループ内で通話を管理することが可能です。

「ユーザーの状態」タブ

  • ウォールボード形式の表示を使用して、同僚が電話を取ることが可能か、すでに通話中か、着信拒否を設定しているか、または着信転送を設定しているかを確認できます。
  • 同僚が通話可能かどうかを確認できます。例えば、会議中であるかどうか確認することが可能です。
  • 個人別のユーザー状態のタブを設定し、選択されたDID番号への呼び出しを受信した時にタブを提示するようにucplus Operator Consoleを設定します。
  • ucplus Mobileユーザーの地理的位置を確認できます。

ucplus Operator Console